横浜大蛮行ズルズル狂気オフレポ
〜その(鯖味噌に対する)幻想をぶち殺す〜

1.ファーストコンタクト

6時ちょっと前に静岡を出撃、鈍行でヨコハマシティへ。
横浜けn…神奈川県に突入したあたりですめろきさんから電話。

す「鯖さーん?今どこにおるー?」

…到着時間を1時間早めに連絡してしまっていたというミス。
そしてツイッターとは違い気さくな関西弁のすめろきさんにびびる鯖。
しかし鯖は寝起きであった。

鯖「い゙ま゙でん゙じゃ゙な゙の゙でぎり゙ま゙ず……」
す「あっはい」

最悪のファーストコンタクトである。
怖くて泣きそうとかは思ってませんよ!ええ!―――すめろきさん談


2.鯖味噌元町に立つ

横浜駅でみなとみらい線が何処か分からなくなったりしながら元町・中華街駅へ。

この時は知らなかったが元町・中華街駅には出口が5つあった。
1・2・3・4・5の順に中華街に近いのだが、5・4・3・2・1の順に改札から近いのである。
当然一番最初に見えた5番出口から元気よく飛び出す馬鹿味噌。
そしてツイッターを開いた所「1番に出て下さいね〜」というすめろきさんのツイート。
そして何を思ったか港の見える丘公園への坂をダッシュで登る大馬鹿味噌。

なんやかんやで狂気クラスタが詰めているという1番出口横ドトールへ到着。
しかし入る勇気が出ず、窓際の女性集団を横目に通り過ぎるチキン味噌。
ドトールをスルーして、次の角を曲がった所でツイッターを見ると橙さんが「鯖さんぽい人見えた」とツイートしていたので、
リプライをしてすめろきさんに電話、そしてドトールへ突入。初ドトールです。

「鯖さん何となくイワシさんに似てる」

魚類やからな。

輝く狂気女子(とすめろきさん)に囲まれてびびる鯖味噌。
当然緊張していてメンバーなんて覚えてません。
(丑三さんのレポによると浅子さん、橙さん、丑三さん、すめろきさん、おりづるさん)

浅子さん「どうもトドゴリラ1号です」


3.迷狂気クラスタ大集合

取り敢えず店外に出て集合を待つ。
どうも僕以外にも5番口から飛び出した人がいたらしく安堵しながら、クラスタの輪から3歩下がって待機。
続々集まる狂気クラスタと(僕だけ)会話にならない会話を交わしつつ、怪しいスイングを披露しつつで不審者っぷりを見せつける鯖味噌。

ひじきさん「おはようございますーひじきですー」
鯖「えっ…!?」
ひ「?」
鯖「顔が反転してないーーーーー!?」ガビーン

ド失礼。いやドラえもんカラーでしたけど。

うしみつさん1回会った事あるのにおしゃれしてて誰だか分かりませんでした。
橙さんが狂気女子に抱きつくのを見たりすめろきさんとなんかさんをホモネタで弄り倒したり。

なんかさん「NO THANK YOU(ダディクール顔で)」

横浜駅でダウジングロッドを振り回していたますながさんの到着で全員が揃い、名前だけ簡単に自己紹介して洋館へ。

鯖「低身長クラスタ…」ボソッ
す「くッ!!」

なんかさん・ますながさん・鯖でちょっとライダートークできて良かったです。


4.登っても何もない地獄坂

鯖「これ5番出口への道じゃないですか…やだー…」

橋にぶちまけられた吐瀉物を見てチノチさんを思い出しつつ歩く。
途中、寒くなったので列の最後尾に行き、キャストオフしていた青いジャンパーを着こむ。

す「おっそれは…鯖カラー…」

青い上着の中に白いシャツですからね。
そして鯖が朝元気に上った港が見える丘公園への坂道を皆で登る。

鯖「ここ地獄坂じゃないのか…」
な「きっつ…」
橙さん「この地獄坂を上ったらイケメンに」
な「さぁ行きましょう!」カッ

外人墓地にて「「「「バイオハザード!」」」」
古い洋館を見て「「「「ホーンテッドマンション!」」」」

突然一行の足が止まる。
「猫だー!」「猫おるー」「可愛い…」
外人墓地のど真ん中にふんぞり返る猫を発見して写真を撮る狂気クラスタ。猫好きに悪いやつはいない。
猫とバイバイして洋館付近の広場に着き、いったん休憩兼道確認。

鯖「…さっきの吐瀉物でチノチさんの話したからなんか、何処かにいる気が」
す「あぁ、『チャリで来た!』ってなー」

アクエリアスをグビグビのみすめろきさんに若干引かれる。
そんなこんなで動きだそうとしたところ、誰かに肩を叩かれる。

鯖「?」
ますながさん「もふ」
鯖「えっ」
ま「一回前髪もふってみたいんですけど」

ネックウォーマーで顔を隠す「さあこい」の体勢。

鯖「どうぞ」(ネックウォーマーに阻まれ聞こえてなかったらしい)
ま「えっあっもう少し段階を踏んでからにしますすいません…」
鯖「あっいえ…」(ネックウォーマーに以下略)

コミュ障の面目躍如。我ながらアホである。


5.洋館と布教

なんかさんが国家の犬の巣(交番)で道を確認してくれ、めっちゃ近くにあった洋館へ。
そんなこんなで45分間だけ洋館へ、べーリック邸組とエリスマン邸組に分かれて観光。

鯖味噌は何となく男性陣のまとまっていたべーリックさんちへ。
橙さんを先頭に写真を撮りまくりながら突き進む。
玄関前に来た所で、すめろきさんが他の観光客にシャッターを頼まれる。

鯖「あの微妙に腰を落してるすめろきさん撮っとこうかな…」
な「いやいいよwただのすめろきさんだしw」

ただごとじゃないすめろきさんなら撮ったのだろうか。
そして一行は内部に突入する。何故かいきなり

な「その階段の下に拷問部屋がなぁ」

タイプライターを前にバイオハザードのセーブポイントについて熱く語るクラスタ。鯖味噌付いていけず。
30cm四方ほど?の格子窓を見つけ、神楽さんがここからどうやって窓帰りするか語り合う。

鯖「こう、錐揉み回転しながら突き抜けて…」
な「それ超級覇王電影弾だよね」
鯖「ここ黒贄さんの事務所だったらなー」
橙「あー、そこの棚に悠里ちゃんの生首とか」
な「殺人鬼王決定戦のトロフィーとか」
す「そこズラーっと仮面がなー」

そうしてエリスマン邸の前に集合した所、「はまれぽ」という観光レビューサイトのひとに声をかけられる。

レビューサイト「今日はどう言ったあつまりでしょうか」
す「あー…小説家のファンの集まりで…」
レ「何と言う小説家さんですか?手帳に書いていただけますか」

何故か受け取る鯖。

鯖「どうしようどうしよう狂気の方かな灰崎の方かな」
レ「両方書いていただいてよろしいですよー」
鯖「あっこっちの狂気太郎って言うのがネットでアップしてる名義で灰崎抗って言うのが何冊か本出してる名前です(早口)」

布教完了。


6.ブルーバスブルース

洋館からはバスで中華街まで行く事になりバスを待つ一同。
なんやかんや雑談が始まり、コミュ障の僕もうしみつさんやなんかさんと会話。パタポンドンチャカー

鋼兵さん「えっ!?飼う!?誰が世話するの!?えっ!?私っ!?」

鋼兵さんの突然の電話に驚く一同。何やら犬を飼う事になったとかで犬トークになったり。
諦めかけた所でバス到着、乗り込む一同。出口前に陣取ってしまったせいで自動ドアが開くとともに移動する自動橙さん。

中華街駅ひとつ前の駅で橙さんが元気よく下車。
あれっ、えっ、次じゃないの、と思っているとぞろぞろと立ち上がる狂気クラスタ…
あっどこか寄ってくのかな裏道あるのかなと思い下車、なんと5番入口のすぐ近く。

橙「降りるバス停間違えた…」

そこから中華街までパターン死の行進。


7.中華街の悪夢

横浜大世界に到着、フードコート(無駄にくそ狭い)で昼食。
ラーメンを食べきれる自信がなかったので、バナナアイスと苺アイス、タピオカ抹茶をセレクトする鯖味噌。

鋼「スイーツwwwwwwwww」

同席の3人の名前すら覚え切れてなかったのでもう一度教えてもらう。

鯖「あなたは浅子さん!そっちの二人はごめんなさい!」
けら子さん「…けら子です」
鋼「腹パンしていいですか」

アイスが冷たい。歯が痛いくらい冷たい。そして何故かお皿がフランダースの犬。

け「これ春のパン祭りみたいなのでみた気がする…」
鯖「実は中国のパチモンだったりして…」

知覚過敏の疑いをかけられつつ完食。
マスクを意地でも外さずに食べきる浅子さん。外したらいいのに。
(と言いつつ僕はネックウォーマーの上から食べるか下から食べるかで迷っていた)

け「サンマーメンって何でしょう…」
鋼「中国語…?」
鯖「神奈川の名物で、モヤシ炒めにあんを絡めたものが乗ってるらしいです」キリッ

ググった。
鋼兵さんが最後の一口と言う所で食べきれず停止。

鋼「最後の一口が…」
鯖「それなんかゲームのキャッチコピーでありましたよね」
け・浅「それワンダの巨像wwwwww」
鯖「最後の一撃は、虚しい」
け・浅「切ない ですwwwwww」
鯖「最後の一口は、切ない」キリッ

鋼兵さんの残したたまごスープを頂くことに。

鯖「何のスープだろこれ…うわドゥルンてしてる」
鋼「ドゥルンってwwww」

取り敢えず啜りこむ鯖、口に含んだ瞬間

鋼「ドゥルン」ボソッ
鯖「…や゙め゙でぐだざい゙」

変なとこに入った。
あとは、何故かみんなが一斉に「鯖さんは美少女」という旨のツイートをしていた。虚偽情報です。


8.チャイニーズマフィア

大世界4Fやすら科病棟
チャイナ服をレンタルしており、着たまま大世界内を歩きまわれるという施設。

鋼「無理」
外川さん「無理」
鯖「剃ってないから無理」

やたら怖いパンダ像に慄いたりしつつ、チャイナドレスを見て回るクラスタを眺める。

「すめろきさんむっちゃにこにこしてますね…」
「うわぁ…」
「超屈託のない笑顔ですよ…」
「歯ぁ全部見えてる…」

ストレスメーターで鯖が緊張していることが判明したり、るでさんが足ツボ押しマットを痛がる様子もなくひょいひょいと歩きまわったり。
そしてすめろきさん・なんかさん・ひじきさん・うしみつさんがチャイナに(男性陣は男性用のを着てました)。
すめろきさんが何と言うか、凄く中国マフィア。ガタイのいいなんかさんがガードマンに見えます。女性陣も素敵です。

橙「スリット…エロい……」
鋼「スリット…生足…仰向けにスライディングして下から写真撮りたい…」

記念撮影をしたり、小道具の武器を構えた途端なんかさんが小物臭を発したり。あと古代ローマカラテの話をしたり。
そのまま店内をめぐり、途中ではぐれてひとりになったりして、時間になったので集合場所へ。

橙「鯖さん奇声挙げて目印になって下さいよ」
鯖「いや場所決まってますし実際には奇声は…挙げるわ……」

コス+取り巻き?組が遅れて到着し、カラオケへ。

橙「点呼しまーす。おりづるさーん。うしみつさーん。鋼兵さーん。ますながさーん。なんかさーん。るでくーん。 ホモろき 」
す「えっホモろき!?なんそれ!?あッほんとにホモて書いてある!!!」
橙「さあ行きますよー」


9.歌う狂気クラスタ

ひ「何でこんなとこに甲冑が…」
鯖「マサマサの部下だ」(使用人と言う言葉が出てこなかった)

ひじきさん作・ねんどろいど真鉤君をテーブルに、浅子さんやこけらさんのクッキーを頂いたりしてカラオケがスタート。
(浅子さんのシッキー顔クッキーを頂いて、シッキーのクッキーとか考えてひとりで笑ってた)
ひじきさんがサンホラ歌ったりうしみつさんがポケモン言えるかな(新しいほう)を熱唱したり。
えーりんの合いの手、例の部分も大声で歌いきったすめろきさんのノリの良さに感服。

す「おっぱい!!おっぱい!!おっぱいッ!!おっぱいッ!!」

(最初に合いの手を買って出た橙さんは撃沈してた)

す「おっきいおっぱいッ!!!!僕もおっぱいでェッ!!!!」

鯖は風邪の名残で高音が出なくなってるの忘れて撃沈した。


10.狂気カルトクイズ

ひじきさん主催のカルトクイズ。
ナビゲーター、暗黒ジャッジなどの素敵なヘルプ付きの早押しクイズです。はい円楽さん早かった

ひ「第一問!陰を往く人1で最初に真鉤君に殺された生徒の名前は?」
「「「「「「レベル高ええええええ!!!!」」」」」」

さっそく全員ナビゲーター(ヘルプルール。1分間狂気太郎.netから答えを探せる)を使おうとする。

ひ「あっ、ヘルプはそれぞれ1回ずつしか使えません」
「「「「「「えっ…」」」」」」

携帯を閉じる音が響いた。

ひ「書き取り問題です!かまがみやま を漢字で書いて下さい!」
鯖「『加馬神山』これ最初かばしんざんって読みましたからね、それで覚えてました」
ひ「正解!ええと、橙さんは…」

『奈美ちゃん結婚しよう山』

ひ「wwwwwwww」
橙「奈美ちゃん結婚しよう…ッ!!!」(机に突っ伏す)

そんなこんなでクイズは進む。
何故か覚えている問題が多かったのでいい感じに回答していく鯖。

ひ「あの、ヘルプ使ってもいいんですよ」
す「使う暇ないです…!」
鯖「ヘルプ使ってる間に答えられたらと思うと…!」

結果、浅子さんと鯖が同率5点で優勝。やったー。

鯖「殺人鬼はヘルプに頼ってはいけない」ドヤァ


11.スケブしようや

クイズが終わり、外川さんと一緒にダブルアクションを歌う。ありがとうございました。
気がつくとスケブ交換が始まっている。スケブとか持ってきてない鯖。

うしみつさん「なぁ…スケブしようや…みたいな」

皆が歌うのを聞きながら、せめてルーズリーフにひじきえもんだけでも描いてもらおうと隣のひじきさんをギラギラした目でガン見する鯖。
ひじきさんは他の方のスケブで忙しかったようで結局チャンスは訪れませんでした。
ますながさんにお願いされたので、頑張って「実験に失敗したDr.ヘルスロープ」を描く。色々ごめんなさい急だったものですから。
うしみつさんをガン見したり、男性陣どんな絵かくんだろうとガン見したりしていたら5時に。
名残惜しくも、うしみつさんと鯖はここで離脱です。

鯖「じゃあ帰ります!ありがとうございました!また近いうちとかに何かあったら!お世話で御座んした!ありがとうございました!」(混乱)

最後に「すめろきさんに『掘られろ』と伝えといてください」と言い捨て丑三さんを横浜まで送る。
通り道にあったゲーセンで雀牌クッションを叩き落としてうしみつさんにプレゼントした所、すめろきさんから「帰り道にデートしてんじゃねぇ」という空リプが高速で飛んできました。ちげぇ。


そんなこんなでオフ会終了。楽しい一日でした、ありがとうございました。そしてごめんなさい